英語学習のモチベーションがアップする動画100

英語学習に疲れを感じることはありませんか。そんな時はこのサイトでモチベーションアップ。管理人が実際に繰り返し見ていた効果的な学習法からやる気がなくなったときの対処法まで役に立つYoutube動画を紹介します。

「話すこと」を重視しすぎた英語教育の末路

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 現在の英語教育の現場では子供にできるだけ早いうちに英語に触れさせたほうがいいという考えが主流です。これは英語教育開始年齢が引き下げられたこと、また英語教育に携わる者、英語スクールや英語学習教材業界による宣伝によるところが大きいでしょう。

 

 

でも幼児期から英語学習をはじめる弊害も考えられます。こちらの記事はタイトルと中身が若干違うのですが、主に幼児に対する英語教育に警鐘をならしています。

 

 人間は、思考をするときに頭の中で言葉を使用します。考えたり、知識を得たりといった活動は言葉を通して行われるのです。子どもの場合、まずは母語で思考することになります。子どもが「○○が食べたいな」「ママはどこ行ったのかな?」「私は○○がしたい」などと考えるときに言葉は不可欠で、母語を知らずにこうしたことを考えることはできません。

 先日、「娘には英語で話しかけています」と自信を持って話すお母さんに出会いました。2歳の娘は母親の話す英語は理解している様子でしたが、笑顔が見られず、自分から何かを発しようとする態度が見受けられません。

 2歳の子どもなら笑ったり、ぐずったりするでしょうが、そうした様子も見られませんでした。母娘がどれだけ英語でやり取りしているのかわかりませんが、その女の子は母語の発達が遅れ、自分の考えをまとめられず、心も不安定なのではないかと感じました。

 

 

 ほんとうにこれはあり得ることです。母親の英語力が相当高くて、複雑な概念や抽象的な話題も英語で子供に対して話すことができるなら、子供も英語で物事を思考する力がつくでしょうが、そうでない母親の方が大多数でしょう。

 

したがって子供が幼児期に中途半端な日本語、中途半端な英語しか身につけることができなかったらこれは悲劇です。子供の思考能力が発達せず、子供たちが本来持つ可能性が著しく損なわれてしまうと考えられます。

 

英語ができないことを年齢のせいにしてはいけません。大人が英語をマスターできないのは年齢のせいで、早くから英語を勉強すればマスターできると誤った解釈をするからだめなのです。大人でもやり方を間違えずにそれなりの努力をすれば英語はマスターすることができます。本来そこを問題にしないといけないのに、英語学習の低年齢化でお茶を濁そうとしています。

 

英語学習業界に踊らされている若いお母さんたちが多すぎて困ってしまいます。英語業界からみれば利益をもたらすいいカモですね。

 

 

 

 

映画を字幕なしで見ることを目標にしないほうがいい

スポーツでも勉強でもなんでもあまり高すぎる目標を持つのはどうかと思います。

 

よく英語学習の目標としてハリウッド映画を字幕なしで楽しみたいと挙げる人がいますが、夢としてはいいと思います。でも映画を字幕なしで見るというのはかなり高い目標です。

 

 地道に学習を継続していけば達成できない目標ではありませんが、学習をはじめたばかりの人にとってはそれは英検1級合格以上かTOEIC980点以上のレベルの目標であることを知っておくべきだと思います。

 

 英語を学習していけば映画の中でところどころ単語単位、短いフレーズ単位で聞き取れるようになることはありますが、字幕なしに映画を楽しむことは程遠いと思います。特に大人向けの会話の多い映画だとそうですね。

 

映画の俳優はアナウンサーのようにいつも同じ調子でクリアに話すわけではありません。いろいろなノイズの中で話されますし、リアルに近い会話が交わされます。生の英語を学ぶ教材としては良いと思いますがいかんせんハードルが高すぎます。

 

 実際、生の英語をしゃべる必要が日本語学習者にとってどのくらい必要かと考えると疑問に思うところはあります。仮にあなたの身近な外国人が「マジか~」「やべえ」「くそったれ」とか連発していていたら「日本語が上手い!」と思うよりも若干変に感じるはずです。

 

逆に私たちが海外に行ってそんな英語ばかり話しても海外の人たちにとってみれば違和感があると思います。教科書的な英語でいいのかなと思います。

 

 よく英語教材で30日間で映画を字幕なしに楽しむことができるようになると宣伝されたりしますが、そんなことはありえません。あまりたいした会話のないアクション映画ならそれも可能かもしれません。でも普通の映画だったら無理です。

 

 たとえ30日間で映画を字幕なしに見れなくても全く悲観することはありません。変な希望をもって高い目標を設定し、その目標に達することができないからと言って挫折して途中で学習をやめてしまうことが最ももったいないことだと思います。

優れものの無料リスニングアプリを見つけた

先日オーストラリアを旅行し、自分の英会話能力をす機会がありました。

 

以前に比べ話す方はほとんど問題なかったのですが、逆に話す方が流暢になってくると相手の話す英語が手加減なしになってくるのをひしひし感じました。

 

話すスピードも速いですし、情報量も多くなってきます。

 

リスニング強化の必要性を強く感じました。 

 

 

先日、Google play でリスニング練習用の素晴らしい無料アプリを見つけました。

 

その名も「Advance English Listening 」です。


f:id:tamikiti67:20180430202051j:image

 

難易度から Easy, Medium, Advanceの3種類が選べます。

 

Easyを選んでみると4つに分かれています。


f:id:tamikiti67:20180430202111j:image

 

その一つに約50本の音声素材が入っています。

 

Easyだけで200本入っています。

 

長さは1分半くらいのモノから8分に及ぶものまでありますのでボリュームはばっちりです。 


f:id:tamikiti67:20180430202124j:image

 

 

聞いてみたところEasyでもそこまで簡単ではないかと思います。

 

対象者が日本人英語学習者ではないんでしょうね。

 

レベルが高いです。

 

話者も英語教材にありがちなアナウンサーのようなクリアな話し方ばかりではありません。

 

子供からおじいさん、おばあさん、ちょっとどもりぎみの人もいます。

 

言い直しもあります。

 

現実にはこんなクリアでない話し方をする人は多いと思います。

 

また空港でのアナウンスやテレビコマーシャルなどの音源もあり多種多様です。

 

トランスクリプトもばっちりついていますので聞き取れない箇所があっても後から確認もできます。 


f:id:tamikiti67:20180430202139j:image

 

理解度を確認するミニテストもありますので集中力をもって聞いてみましょう。


f:id:tamikiti67:20180430202153j:image

海外経験の長い人は「日本で働くということ」をどう見ている?


こちらのYoutube動画は外国人向けに作られたのでしょう。

 

全編英語です。

 

 海外で仕事をした経験のある日本人8人にインタビューして、残業、有給休暇取得、飲み会、福利厚生、昇進など各テーマごとに日本で働くということはどういうことか、海外とはどう違うのかを考えていきます。

 

身近な話で興味をもってリスニングすることができます。とても面白いです。また8人の日本人が話す英語にも注目です。中にはネイティブ並みの方もいます。みなさんレベルが高いです。

 

アジア人が英語を話せて、日本人が英語が話せない理由


バイリンガールちかさんの140万回近く再生された動画です。

 

アジア人の人は下手ながらもガツガツと話すから上達が早い、たいして日本人は失敗を恥ずかしがって上手くなるまでしゃべろうとしない。

 

しゃべらないのにどうやって上手くなるの?自信を持っていきましょう!ということです。

 

たしかに日本人は英語に対してハードルを自分で上げすぎな感があります。

 

英語を話せなくても大多数のアメリカ人やイギリス人は英語しか話せないわけですし、日本人が自国語である日本語以外の言語を少しでも話すことができたなら、それは誇るべきことであってどんどん使っていけばいいのではないかと思います。

 

文法がちょっと間違っていようが発音が日本語訛りであろうが何ら引け目に感じる必要はないですね。

 

英語は学習するモノではなく使ってナンボのモノです。

英語であいさつする室伏広治氏


2016年に引退したハンマー投げ室伏広治さんです。

 

現役時代の映像です。

 

英語であいさつしていますが上手ですね。

 

彼の父親は日本人のこちらも鉄人と言われたハンマー投げ選手の室伏重信氏、母親はルーマニア人の方です。

 

したがって生まれながら英語環境にあったわけではなく、あとから努力で身につけていったものと思われます。

 

世界的な選手なので外国に合宿に行ったり外国人コーチや選手と話す機会も多かったことは想像できますが、日本人でこのくらい英語をスムースに話すことができれば十分なのではないでしょうか。

 

いいお手本だと思います。

マダム・イン・ニューヨーク

 


マダム・イン・ニューヨークはインドの国民的女優であるシュリデヴィが出演する映画です。

 

ストーリーはWikipediaより

インドで夫サティシュと年頃の娘サプナ、幼い息子サガル、そして姑と暮らす主婦シャシは、菓子作りが得意の良妻賢母だが、英語が苦手なことを娘にもバカにされ、コンプレックスを感じている。そんなある日、ニューヨークで暮らす姉マヌから娘ミーラ(シャシにとっての姪)が結婚するのでその準備を手伝って欲しいと連絡が来る。夫の勧めもあって家族に先立ち1人でニューヨークにやって来たシャシだったが、まともに英語を話せないために恥をかいてしまう。激しく落ち込むシャシだったが、たまたま目に入った英会話教室の案内に一念発起し、姉をはじめとする家族にも内緒で英会話教室に通うことにする。様々な国からやって来た仲間たちと英語を学ぶ中でメキメキ上達するシャシに、同じ教室で学ぶフランス人シェフのローランは想いを寄せるようになる。

 

エンディングでのシャシのスピーチは感動します。言葉というのは小手先のモノではなく伝えたいものがあるからこそ活きてくると改めて感じずにはいられません。

 

シャシの英語の上達ぶりに感情移入させられて応援したくなります。すべての英語学習者にとって見たらモチベーションが上がること間違いなしの映画だと思います。

 

きっと自分の姿をシャシに重ね合わせてしまうのではないでしょうか。

 

 この主人公シャシを演じる シュリデヴィは54歳の若さで今年の2月に亡くなってしました。ショッキングなニュースでした。